-:):」/)ヨ:「、8ウ83:7デ03\/ス3921

1 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:06:21 ID:fQuF7wm60






昨日、近くのプールで誰かが溺れ死んだ。
夜更けの出来事だったそうだ。







.

2 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:07:33 ID:fQuF7wm60
わたしは、それを誰よりも早く知っていた。
なぜなら、死んだ人の名前は、モナーと云う男であるが、
彼は、私の夢枕に立っていたのだ。
彼は、私の耳許で、何かを囁いていた。
しかし、それを忘れてしまった。

3 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:08:35 ID:fQuF7wm60
ところで、円く歪んだ 鳥の巣が
私と死者をトンネルで結んでくれている。
これは私の物語であり、生きている衆にとっては、癒しとなりうるのでは無いだろうか。

そんな、話である。







.

4 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:09:58 ID:fQuF7wm60







-:):」/)ヨ:「、8ウ83:7デ03\/ス3921








.

5 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:10:45 ID:fQuF7wm60



私が目覚めると、辺り一面には、桃色の草が生えていた。
空は群青色であり、およそ現実の世界とは思えぬ様相を呈していた。

私は、12時の方向真っ直ぐ、桃色と群青との境界線に、細長い、何かが立っているのを見つけた。

案山子とも、煙突とも見受けられるそれは、
私の方へ口を伸ばしてきた。
真っ赤な紅色の塗られた口は、その白い歯を見せ付るように、笑っている。

口は、私の鼻先程にまで近付いた。

6 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:11:25 ID:fQuF7wm60

「俺には音が聞こえない。感じる事の出来る世界は、たった一つだけだ」

「俺と話をしたいか?」

口は、そう私に言った。


「私は、」

そこまで言いかけると、口は舌を鳴らし、私の言葉を遮った。

「目を閉じろ。耳を塞げ。皮膚を脱げ。そうしなきゃ、俺とは話が出来ないだろ」

「……出来ないなら、馬鹿にしてやる」

7 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:12:29 ID:fQuF7wm60
突然、生暖かい風が、強く、辺りに吹き付けた。

私は、吹き飛ばされ、草の上を転がった。
回転する視界の中で、口が、私の事を嘲っていた。

身体が硬直する。
風は、私の心をも、激しく揺さぶってしまったのだ。

8 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:14:45 ID:fQuF7wm60










私は、風の行先に向かって、歩く。
あの後、私には音が、聞こえなくなっていた。





.

9 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:15:34 ID:fQuF7wm60






マトリクス変換によって、死者が現実に現れることができると、論文には書いてあった。
だから、私は、その通りの事を、物資を集めて行った。
それだけなのに、私は偉大な賞を受賞してしまった。


あの実験で、現れた死者は、一人、一人だけであった。

10 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:16:35 ID:fQuF7wm60
大きな試験管の中に、深緑の穴が開いて、そこから出てきた。
若い、銀の髪をした女だ。
服はぼろぼろで、やせ細っていた。

娼婦か何かだろうと思ったが、ぼろぼろの服は、地獄の装束なのかもしれない。
身体がやせ細っているのは、地獄で悶え苦しんでいるからか。

从 ゚∀从

彼女が、私の事を虚ろな瞳で見た。
それは紛うことなく、死者の目だった。

私の祖父が死んだ時も、同じ、眼差しをしていたから、断言できる。

11 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:17:56 ID:fQuF7wm60
私が指示を出すと、若い男の助手が、彼女に触れようと、試験管の中に入っていった。

彼は女の細い腕に手を触れると、ぼそりと、

( ^Д^)「……冷たいな」

と言った。
当たり前の事を言うな。と思った。


女の方は、暫く彼の事を見ていたが、
突然、叫び声を上げ出した。

12 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:19:08 ID:fQuF7wm60

从; ゚∀从「た、助けてくれ!!!!」

女は、私に振り向いた。
その瞳には、生の色が戻っていた。
―――まさか、
私は助手の方へ目をやった。

( ^Д^)「………」

彼の目は死んでいた。
私は、驚きのあまり、どうする事も出来ないでいた。
ただ、その場に立ち尽くしていた。

そうしている内に、彼の身体の輪郭は薄れていき、
遂には、消えてしまった。


この実験の後、
奇妙な事に、プギャーという男の存在は、世界の記録から消え去ってしまったのだった。
研究チームの名簿には、何処にも彼の名前は残っておらず、代わりに、「ハイン」という女性が登録されていた。


この事は誰にも話せていない。

13 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:19:59 ID:fQuF7wm60

桃色の平野を歩いていると、大きな湖に出会った。
湖は空の色を映すように、群青であった。

岸には、フラミンゴの群れが留まっている。
私が近付くと、群れは一斉に飛び立ち、遥か彼方へと消えてしまった。

群れが居た場所には、奇妙な事に、沢山の足跡が残っていた。

14 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:20:59 ID:fQuF7wm60
……ところで、私は、大分疲れていた。
水だ。水を飲まなければならない。


私は、水を手で掬おうと、湖面に顔を近付けた。




从 ゚∀从


そこには、彼女の顔があった。








.

15 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:22:33 ID:fQuF7wm60

私は現在、死んでいる途中だと、思っている。

私は下りエスカレーターに乗っていた。
すると、突然、背中を押され、身体が宙を舞った。


私は、時空を乗り越え、闇と光の明滅に飛び込んだ。
全身を覆う浮遊感は未だ続いているから、私はこの、明滅の中を落ち続けているのだろう。

全くの無音だった。静けさは、深海のそれと似ていた。

16 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:23:18 ID:fQuF7wm60

目を瞑ってみる。

母親の胎内とは、もしかすると、こんな感じだったか。

何処までも、心地良かった。
時が経つのも忘れて、私は、そうしていた。



不意に、何かに、触れられた。
それで、私は目を開いた。



………遠く、下の方に、明滅する傘が見える。

青空のプリントが施された、美しい傘だ。

17 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:24:35 ID:fQuF7wm60
傘は、ひらひらと、華麗に舞いながら、空間を落ち続けている。

私の方が早いから、私と、傘との距離は徐々に近づいていった。


私は、布地の下まで落ちて来ると、傘の柄を片手に握った。
すると速度は弱まり、私の身体は、ふわふわと、穏やかに落ち始めた。

18 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:26:47 ID:fQuF7wm60


布地の青空は、気付くと、満天の星空に変わっていた。
柄を握る私の手を、誰かの手が握っている。

白く、可憐な手だ。
私は、そこから伸びる先に目を向けた。







.

19 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:27:46 ID:fQuF7wm60


从 ∀从

息を飲んだ。

一瞬、それが彼女であると、気付かなかった。
精気を失っていた彼女の顔は、人間らしい艶を取り戻し、赤みを帯びている。

その口端には微笑みをたたえ、慈愛に満ちた目で持って私を見つめていた。
明滅に合わせて、彼女の姿も消えたり、現れたりしている。

20 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:29:05 ID:fQuF7wm60

「君は、私の助手だった人かい?」

そう問おうとしたが、声は出なかった。

宇宙空間で会話が出来ないのと同じ事だと、思った。
けれど、彼女には伝わった様だった。
彼女は首を横に振った。

彼女は、もう一方の手を私に寄せ、私の顔の、輪郭をなぞるように触れた。

そして、彼女は、ゆっくりと、口を動かした。


「ア、リ、ガ、ト、ウ、」










.

21 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:30:28 ID:fQuF7wm60
瞬間、明滅が収まり、辺りが閃光に包まれた。
凄まじい力に引き寄せられる様にして、私の身体は浮かび上がっていった。



聴覚が、元に戻って来た。
ゴボゴボと、水の中の様な音がして、次第に、息苦しさが増して来た。

身体は、尚も上へ、上へ、と引き寄せられていく。





私は、プールサイドで倒れていた。
息切れが激しい。まるで、窒息死から蘇ったように、身体は衰弱しきっていた。

22 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:31:11 ID:fQuF7wm60








救急車のサイレンが、近付いている。







.

23 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:32:26 ID:fQuF7wm60
朦朧とした意識の中で、私は思い出していた。
モナーが私に囁いた言葉を。
私の精神は、いずれ全てに内包されて、全てに普遍して行くであろう。


私は、湖面に映る自分の姿を見た。

そこには、彼女の影はもう無く、あるべき顔があった。

そう、私は、全てに気付いたのだ。
群青色の空を見上げる。

私は立ち上がり、力いっぱいに跳ねた。





.

24 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:33:27 ID:fQuF7wm60

私の身体はどんどん空へと舞い上がっていく。
彼の言葉を、私は思い出した。
見下ろしてみると、フラミンゴの無数の足跡は、
「お前はとにかく恋をしろ」と、力強いメッセージを描いていたのだった。

25 名前:名無しさん 投稿日:2016/04/01(金) 19:34:12 ID:fQuF7wm60
End:

支援イラスト

inserted by FC2 system