つむらちゃんのばん

508 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:11:25 ID:DWgO/.sI0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
――――――――あ、はい。次は、私、ですね。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::では、失礼して…………。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ブーン系百物語二○一五
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::第 三十八本目之噺
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


509 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:12:19 ID:DWgO/.sI0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::::::::::::'´::::::::゙;:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::つ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::,::'::::::::,::'::::::::::::::::,':::::::ヽ::::::.!.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::i::::,:'::::::::::::ノ::::;ィ::、:ヽ:::゙:::::::i.:::::::::::::::::::::::::::::::::::む::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、|:::!:/::::/!:::/:::ヽlヽ、!:::|::ィil.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.い !|_l/::::::|/i!::::::リ:::::::!:::!:∥.:::::::::::::::::::::::::::::::::::ら:::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ从!゙:::_,,,_::::::::::::::_,,,_::i:/!::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人i!:代ヒソ`:::::::´込ソノ'うリ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ち:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.iヾ、::   '   :::, ' .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゃ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:... >: ..´__`...,.<. ...:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.::::::::::::::::::::::::::ん:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:... .                . ..:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..         ,、           ..:.:.:::::::::::::::::::の::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..          (o)          ..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:...         i' !           . ..:.:.:.::::::::::::::::::::ば:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.. ..   .., -|.:::|‐ 、     ..... ..:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:...  `ー―-と ... ...:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::ん:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::..::.:..:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


510 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:13:50 ID:DWgO/.sI0
 ―――ええ、と。

 一つ、私の怪談を始める前に、前置きをさせてください。
 これからする話は、私が実際に見聞きした物事が元になっています。
 
 元になっている、と言うといくらか創作を付け加えたように聞こえるかもしれませんが、
 実際には編集……つまり一つの話としてまとまりよく聞いていただけるようにしただけで、
 いわゆる「誇張」や、より恐怖心を抱いてもらうための演出の類は行っておりません、つもりです。


 ええ、とすいません話し下手なもので。


 ……つまり何が言いたいのかと言うと、この通り私は至って普通の状態でここにおりますので、
 目も当てられないような凄惨な結末にはならずにすむかと思います。
 ですから、先ほどから、なるべく話を聞かないように耳を抑えている方々も(ちらと輪の一角を見る)、そう身構えずに聞いてください。

 もちろん、きちんとした怪談―――いえ、『心霊にまつわる話』として楽しんでいただけるように努力させていただきます。
 ここにいらっしゃった大半の方は、そう言ったお話がお好きなのでしょうから。

 と。一つと言いつつも長々と前置きをしてしまいました。
 お後もありますし、早速始めさせていただきたいと思います。


 ――――――これは、数年前の夏、私が母方の祖母の家に遊びに行った時の話です。

511 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:15:17 ID:DWgO/.sI0

 私の祖母は、このS県の浜の地方……K市の海辺に住んでいます。
 K市は夏になると海水浴目的の人で普段よりも少し賑わうような、そんなどこにでもある町でした。

 実は、私がK市を訪れたのは、中々久しぶりのことでした。
 昔は海で遊ぶことを目的に良く遊びに行ったのですが、大きくなるにつれて機会も減って……。
 その夏訪れたのは、確か三年ぶりくらい位だったでしょうか。
 変わっていながらも懐かしい景色に、手前が面倒くさがって行かなかったことも忘れて、
 ちょっと感動してしまったのをよく覚えています。


  ミセ*゚ー゚)リ 「あれ?もしかして京子(みやこ)おねえちゃん?」

  (゚、゚トソン 「……もしかして、芹(せり)ちゃん?」

  ミセ*゚ー゚)リ 「そうだよ!見ての通りの芹だよ!」

  (゚、゚トソン 「見ての通りって、あなた、ちょっと合わない間に随分大人っぽくなって……」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「相変わらずいうことがババ臭〜い」

  (゚、゚トソン 「失礼な」

  ミセ*゚ー゚)リ 「それに、大人っぽくなったって言ったらお姉ちゃんだってさ、一瞬わかんなかったよ」

  (゚、゚トソン 「まあ、女子三日会わざれば括目してなんチャラといいますから」

  ミセ*゚ー゚)リ 「男子じゃなくて?」

  (゚、゚トソン 「男子が変わるんだから女子だって変わるでしょうよ」

512 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:16:44 ID:DWgO/.sI0

 おばあちゃんの家には、親戚の女の子がいました。名前を……仮に芹(せり)ちゃんとしましょうか。
 同じ年頃の子は彼女だけで……と言っても五つ下なんですが、随分私に懐いてくれていました。
 私も一人っ子なもので、彼女を妹のように思い可愛がっていました。


  ミセ*゚ー゚)リ 「おねえちゃん、今年は泊まっていくの?」

  (゚、゚トソン 「ええ。おばさんの家にも挨拶に行きたいし、すこし、ゆっくりしたいから」

  ミセ*゚ー゚)リ 「やった!じゃあさ、お母さんに車借りてさタレイア(ショッピングモール。車無しでは中々行きにくい距離にある)行こうよ」


 お恥ずかしい話なんですが、その年、私は恋人と別れたばかりで傷心中でした。
 夏だからと言って新しい恋にまい進する気にもなれず……挨拶回りと言っても気晴らしを兼ねていたんですね。
 だから、お金もかからず海辺でのんびりできる祖母の家を訪ねたわけです。
 夏休みで暇を持て余す芹ちゃんがきっと遊び相手になってくれることも見越して。

 私は、祖母の家に三日ほど泊めてもらう約束をしていました。
 もちろん、ただ遊ぶわけでは無く、家事の手伝いはさせてもらいましたが、まあそれでも、自由な時間は結構あって。
 芹ちゃんと一緒に、親戚を回って挨拶したり、買い物に行ったりと、それなりに楽しい時間を過ごすことが出来ました。


 ――――と。

513 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:18:34 ID:DWgO/.sI0

 少し、話が変わりますが、皆さんは「水子」をご存知ですか?
 ご存知ですか、なんて、すいません。私よりも詳しそうな方々ばかりですね。

 念のため、そう言った知識に疎い方にも分かるよう簡単に説明しておくと、
 水子と言うのは中絶や流産で死んでしまった、胎児の霊のことを言います。
 元は、生まれて間もない子供のことを指す言葉らしいのですが、今回はこちらの霊という意味で水子と言わせていただきます。

 怖い話などを耳にすると、この「水子」にまつわる話が、結構多いのですよね。
 由来からして、怨念や未練を持つ存在として想起しやすい、非常に「わかりやすい」テーマなのでしょう。
 それになにより、現実に、水子に纏わる「いわく」がよくある、と言うのが最も大きな理由かも知れません。
 実際、浜辺の地域には非常に多いのですよね。
 「水子」を祀った……あるいは宥めるための祠や神社って。



 なぜ、突然に水子の話をしたかというと。
 ……はい。K市の海辺、と言った時点でピンと来た方もいらっしゃったようなので、あまりもったいぶらずに言いましょう。

 おばあちゃんの家の近くにも、そう言った水子を祀る祠があったのです。

 それも、かなり有名な……危険なことで有名な水子の流れ着く入江が。
 地元の人たちはではそこを「さいのいりえ」と呼んでいました。
 口伝で聞いただけですので、どんな漢字を用いて書くのか、どういった意味があるのかまではわかりません。

 ……はい。これは、私がその「さいのいりえ」に行った時のお話、ということになります。

514 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:19:40 ID:DWgO/.sI0

  (゚、゚トソン 「……芹ちゃん」

  ミセ*゚ー゚)リ 「どったの?」

  (゚、゚トソン 「あそこ、なんかすごくないですか?ほら、突き出した岩が、ごりっと」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「あー、あそこ……」


 その日……丁度予定していた滞在の最終日前日、私は芹ちゃんと一緒に海辺で遊んでいました。
 運悪く天候があまり優れず、水に浸かるには幾分寒かったので、水辺を散歩するような、その程度だったんですが。
 その最中、私は、海水浴場の端に不思議な場所を見つけました。 

 K市の浜辺は、地形の都合上、なん箇所か山の一部が突き出すような場所があり、
 一つ一つの海水浴場を隔てるしきりのような扱いをされています。
 私が見つけたのは、そう言った張り出した山の一部、実際には岩の壁の、海に接する一番端の部分でした。


  (゚、゚トソン 「すごい、まるで天然のドームですね」


 そこは、波に削られたのでしょうか。
 巨大な岩壁をくり抜くように、半円状の空間が出来ていました。
 いくつか入口のように穴が開いていて、近づいてみると、本当に意図的に作った建物のようですらあったんです。
 何度も来ていたはずなのに、こんなところがあるなんて全く知りませんでした。

515 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:21:00 ID:DWgO/.sI0

 その時点で、私は中に入ってみようとしていました。
 中は浜辺と同じく砂場になっていて、歩いていけそうですし。
 一目見ただけでは、特別危険な印象は受けなかったので、大丈夫と思ったのです。
 冒険心とか、好奇心のようなものが私を突き動かして、少し冷静ではなかった、と言うのもあるかもしれません。

 ですが。


  ミセ*゚ -゚)リ 「ダメだよ、京子おねえちゃん!」


 芹ちゃんは、妙に必死に私を止めたのです。
 最初は「そんなお堅いことは言わずに」と無視しようとしていたのですが、あまりの真剣みに、私も一旦引き下がりました。
 何か事情があるのだろうか、と、尋ねてみると。


   ミセ*゚ -゚)リ 「えと、みんな危ないって言ってるし、それに、ほら、立ち入り禁止になってるもん」


 芹ちゃんに注意されて、はじめて気づいたのですが、そうなんです。
 その岩の空間には入口として通れそうな穴が三か所あったのですが、すべて封鎖されていたんです。

 浜辺側の一つ。
 私が入ろうとした場所には、工事現場にあるような、金属パイプのしきり。
 
 海側の一つ。
 最も大きく開いた穴で、左右の岩に杭が打たれロープが二重に渡されています。

 向かって反対、岩壁の向こうに抜ける一つ。
 ここは少し陰に切り返すようになっており見えにくかったのですが、南京錠付きのフェンス扉が見えました。

 どれも決して目立たぬ設備では無く、パイプとフェンスについては「危険」と書かれたブリキ板がくくられていたと言うのに
 私は、芹ちゃんに注意されるまで、それらの存在に全く気がつかなかったのです。

516 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:23:55 ID:DWgO/.sI0

  (゚、゚トソン 「そんなに危険には見えませんけど」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「お姉ちゃん、内陸の人が、浜の人間の忠告を無視しちゃダメなんだよ」


 芹ちゃんの注意する口調が、年下の少女が発したとは思えない重さを持ったことに気付き、私は大人しく諦めました。
 彼女の言葉はまぎれも無く正論でしたから。
 なにより、この洞穴に妙に惹かれてしまっている自分自身に、何とも言い難い不安を覚えた、と言うのもあります。


  ミセ*゚ー゚)リ 「……ちょっと肌寒いし、戻ってトウモロコシ食べようよ」

  (゚、゚トソン 「たしかに、なんだか急に寒くなってきましたね」


 晴れてはいないものの、さほど暗くは無かった空が、いつの間にか重たげに降りてきていたのです。
 いかにも雨の前触れと言う風が吹き始めたのも感じ、濡れては敵わんと私と芹ちゃんは急いで祖母の家に戻りました。

 私たちが家に入ってそれほど立たないうちに、土砂降りの雨が降り始めました。
 強い割に長引く雨。
 私は、縁側でぼんやりと、雨に塗りつぶされる景色を見ていました。
 何かすることがあったのにも関わらず、例の洞穴のことが気になって仕方なかったのです。


  (゚、゚トソン 「おばあちゃん、あの浜の端っこにある岩の洞穴って、何かあるんですか?」


 そこで、夕飯の時に思い切って祖母に尋ねてみました。
 しばらくして私が言わんとすることを承服した祖母が表情を硬くしたのがわかりました。
 芹ちゃんはバツの悪そうな顔をしています。
 愚か、と思うかもしれませんが、私はなぜだか、その時点に至っても、あの洞穴があまり良い場所で無いのだと悟ることが出来ませんでした。

517 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:25:38 ID:DWgO/.sI0

  |゚ノ ^∀^) 「セリ、あんたミヤコを『いりえ』に連れてったのかい」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「連れてったわけじゃないもん、たまたま見えるところを歩いてて」

  (゚、゚トソン 「私が見つけて自分で近づいたんです。芹ちゃんは止めようとしてました」

  |゚ノ ^∀^) 「……あそこはね、よくないのよ」

  (゚、゚トソン 「なにか事故でも?」

  |゚ノ ^∀^) 「事故もある。でも、本当に怖いのは、事故じゃないんだよ」


 祖母は、その洞穴の、ちょうどフェンス扉のあった穴を抜けた先に「さいのいりえ」と呼ばれる場所があるのだと教えてくれました。
 「さいのいりえ」が先に述べた通り、水子を含めた色々なものが流れ着く場所で、それらを宥める祠がある、ということも。


  |゚ノ ^∀^) 「水子の全部が悪いものじゃねないのよ。むしろ守護霊になってくれる善良なのだって多い」

  |゚ノ ^∀^) 「でもね、あそこのはダメだ。場が悪いんだろうね」

  (゚、゚トソン 「何がダメなんですか?」

  |゚ノ ^∀^) 「……近づいた人間を招いちまう」

  (゚、゚トソン 「まねいちまう?」

  |゚ノ ^∀^) 「殺すってことさ」

518 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:26:53 ID:DWgO/.sI0

  |゚ノ ^∀^) 「今はコマ(狛犬の意)がちゃんと立ってるし、祠の手入れも、札の交換もちゃんとしているから大丈夫だけどね」

  |゚ノ ^∀^) 「一時期、係りになった家のもんが手入れを何月も怠った時があってね、その時が酷かった」

  (゚、゚トソン 「……」

  |゚ノ ^∀^) 「遠くからのもんも、地元のもんも関係なく、何人も招かれて、帰って来ねくなった」

  (゚、゚トソン 「その、さいのいりえのせいで?」

  |゚ノ ^∀^) 「さあね。でも、おれらで祠の手入れをちゃんとするようにしてからはピタリと収まったから、なんも関係ないとは思えねえね」

  (゚、゚トソン 「……」

  |゚ノ ^∀^) 「面白半分に寄るんじゃねえよ。コマが倒れたり、札が流されたりしても、外からじゃあ分からねんだから」


 祖母はそれだけ言って、もうその話題には触れさせてくれませんでした。
 まあ、お食事時にしたい話ではありませんからね。
 芹ちゃんも、随分と顔を青くしていましたし。そういえば、彼女は怪談の類が本当に苦手なのです。

 その日は、そのまま雨が降り続きました。
 風もありました。遠くでは雷が鳴っていた気もします。
 嵐に怯えるように、ガラス戸がカタカタと震えます。


  (゚、゚トソン 「……」


 私はやっぱりあの洞穴のことが、「さいのいりえ」のことが気になって仕方ありませんでした。

519 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:28:38 ID:DWgO/.sI0

 翌日。
 なかなか寝付けなかったせいで、かなり遅い起床になった私は、すぐに居間へ向かいました。
 滞在最終日ですし、お世話になったぶん、最後まで家事の手伝いをしなければならないと思っていたからです。

 ただ、残念なことに朝餉の用意は既に済んでいて、そして、居間には見慣れないお客人の姿がありました。


  ( ゚д゚ ) 「やあ、どうも。これが恵子のとこの?」

  |゚ノ ^∀^) 「そう、ケイコの娘のミヤコだよ。ミヤコ、こちら今の方部長の河内民男(こうちたみお)さん」

  (゚、゚トソン 「初めまして、都村京子です」


 見慣れない客人。田舎の町ですので、近所の人が大した理由も無く訪ねてくることは珍しくありません。
 ただし、少し様子が違うのは見てわかりました。
 民男さんの傍ら、畳まれた上着に隠れるようにして、白い紙の端―――「お札」があったのです。


  (゚、゚トソン 「もしかして、さいのいりえの祠に行くんですか?」

  ( ゚д゚ ) 「おう。昨日の雨風で、祠に異変が無いか見に行く」

  |゚ノ ^∀^) 「……あんたはどうしてこう、変なとこだけ聡いのかね」


 ずっとさいのいりえのことを考えていたから、すぐに結びついただけだとは言えませんでした。

520 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:30:06 ID:DWgO/.sI0

  (゚、゚トソン 「私も、一緒に行ってみていいでしょうか?」


 代わりにそう言った時の、祖母の反応が忘れられません。
 民男さんに窺うように見られて、祖母はしばらく黙った後、


  |゚ノ ^∀^) 「民男さんの云うこと、ちゃんと聞くんだよ」


 と言う条件付きで赦してくれました。
 恐らく、私があまりに興味を見せているので、一人で勝手に行かれるよりはいいと考えたのでしょう。
 現実、私はダメと言われても、それを無視し、目を盗んでさいのいりえに行っていただろうと思います。

 民男さんと共に行くため、すぐに支度をしました。
 なぜか怖がりの芹ちゃんもついてくることになり、私たちは三人でさいのいりえに向かいます
 昨晩とはうって変わっての快晴。
 波はまだ少し荒れていますが、特別危険なほどではなく、問題は無さそうでした。

 昨日見た洞穴に入り、湿った砂を踏んで奥へ。
 折角の陽光も直接刺さないせいか、そもそもまだ大して時間が経っていないからか、どんよりとした空気を感じました。
 だというのに、私はこの時とてもわくわくとしていたのです。
 民男さんが南京錠を外し、フェンス扉を開けた時など、駆け出して突入したいような気持にすらなっていました。

 実際には、怖がって腕にしがみ付く芹ちゃんのせいもあり、民男さんの後ろについて、大人しく入ったのですが。

 入ってすぐは、特に何も感じませんでした。
 防波堤が続き、その先にまさに「入江」と言った感じの空間があることはわかりましたが、角度のせいで奥の方は見えませんでしたから。

 だけれど、防波堤の上を歩き、入江の正面のあたりまで歩いた時、私はつい「おお」と息を吐いてしまいました。

521 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:31:30 ID:DWgO/.sI0

 さいのいりえは、いかにも心霊スポットというようなおどろおどろしさのある場所ではありませんでした。
 まさに、自然の作った神秘的な美しさと言うべきでしょうか。
 岩山が、齧りとられたように弧を描いた壁となって聳え、その景色は、見ている私を圧倒しました。
 

  ( ゚д゚ ) 「あんまり余計なものを見るなよ」


 つい呆けて景色に見入っていると、先を行く民男さんに注意されました。
 我に返り、芹ちゃんと共に小走りで後を追います。
 入江の奥には、水の流れ込む岩の割れ目のような洞窟がありました。
 私たちが入ってきた洞穴と違い、岩壁の中に潜ってゆく、深くて光の無い穴です。

 水子の祠は、そこにありました。
 木組みの、あまり大きくない祠で、中にお地蔵さん(仏像?)がありましたが、お札らしきものは見当たりません。


  ( ゚д゚ ) 「やっぱり流されてたか……しかも、コマが倒れてやがる」


 祠を挟む、両の岩壁の中ほどの高さの大きく突き出した岩の上に、狛犬が置かれていました。
 しかし、民男さんが気づいた通り、片方は倒れており、落ちていないのが不思議なほど危うい状態でした。


  ( ゚д゚ ) 「せめて札だけ置いてくるか。人を連れてこねえとアレは戻せねえな」


 「ちょっと待ってろ」とだけ行って、民男さんは祠に向かいました。
 祠へ行くには、洞窟へと流れ込む水場を、飛び石の要領で行かねばならないのですが、民男さんは軽々と渡ってゆきます。

522 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:34:58 ID:DWgO/.sI0

 民男さんを待つ間、私は周囲をきょろきょろと見回していました。
 本当は色々と歩いて見たかったのですが、やはり芹ちゃんが離れてくれないので、その場で見るしかありません。


  (゚、゚トソン 「あ、見て芹ちゃんあそこ……」


 私たちから祠を中心に見て、左側。カーブを描いく岩壁にはまだ乾ききって居ない波の跡がありました。
 目測だと、私の膝が沈むくらいでしょうか。
 くるぶしの深さでも危ういことがあると考えれば、安全な高さとは言えません。
 防波堤があっても対して高いものでは無いので、容易く超えてきてしまうのでしょう。
 潮の満ち引きの知識も無く迂闊に入れば、逃げ場もないので確かに危険です。

 なんとなく、この場所のいわくの正体が分かった気になってきて、私はさらに目を凝らしました。
 そして一瞬ぎょっとしてしまいました。

 先ほど見た岩壁の前は、所々に岩が突き出した砂場になっていたのですが。


  (゚、゚トソン 「積み石……」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「…………」


 積み石と言っても、平たい石をただ縦に摘んだだけの簡素なものです。
 それが、その砂場にずらりと、一目では数え切れない程並んでいたのです。
 一体、誰がこんな態々場所に来てやったのでしょう。
 水子が集まる土地ならば、供養にと積み石をしようとする精神はわからなくもありませんが、やはり不気味です。

523 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:36:53 ID:DWgO/.sI0

  ( ゚д゚ ) 「早く戻るぞ。早くコマをなおさにゃ、また札が流されるかもしれん」


 札を納め終えた民男さんの言葉に従い、私たちはやや速足で出口へ向かいました。
 ちょっとした探検は、これで終わりです。惜しい気持ちもありました。
 積み石や祠こそ不気味ですが、風景自体は神秘的で美しかったものですから。
 とはいえ物理的に危険があるとなれば、長居も出来ませんし。

 なに、またの機会に、また入らせてもらえばいいのです。
 特に心霊的なことも、危険な目にも遭いませんでしたし、祖母も誰かと一緒なら許してくれるでしょう。
 フェンス扉を閉め、民男さんが念の為に鍵をかけなおすのを見ながら、私はそんなことを思いました。

 そんな感じで、私は一応満足して普段の調子に戻っていたのですが、なぜか芹ちゃんは、洞穴を出ても私から離れようとしません。
 顔を見ると、相変わらず強張った青い顔。きゅっと結ばれた口が、ちょっと愛らしい。


  (゚、゚トソン 「そんなに怖いのなら、ついてこなければよかったのに」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「だって、おばあちゃんが、お姉ちゃんが招かれてるかもしれないって、言うんだもん」

  (゚、゚トソン 「私が?」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「うん。さいのいりえのこと、すごく気にしてたし」

  (゚、゚トソン 「……それで、私にそんなにしがみ付いてたんですか?」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「……うん」

  (゚、゚トソン 「もう……でも、ほら。私はどこにも行ってませんし、もう大丈夫ですよ」

524 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:37:46 ID:DWgO/.sI0

  (゚、゚トソン 「そもそも、おばあちゃんの言っていた招かれる云々も、事故を起こさないための迷信でしょう」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「……」

  (゚、゚トソン 「確かにちょっと、感じる土地ではありましたけど、霊がどうとかはちょっと考えすぎですよ」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「……じゃあ、ちょっと、聞いていい?」

  (゚、゚トソン 「……『お姉ちゃんの肩にしがみついてる赤ん坊なに?』とか冗談でもやめてくださいね」

  ミセ;゚д゚)リ 「ヒェェェッ、言わないよそんなこと!」

  (゚、゚トソン 「じゃあなんです?」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「あのさ、いりえの入口って、ちゃんと鍵しまってたよね」

  (゚、゚トソン 「ええ。民男さんが外すの見てましたし」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「昨日の夜の雨でさ、波荒れてたんだよね」

  (゚、゚トソン 「そうですね。結構高い位置に波の跡ありましたし」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「……ああいう積み石ってさ、簡単に崩れるよね」

  (゚、゚トソン 「まあ、積んでるだけですし」

  ミセ*゚ ,゚)リ 「……それこそ、波かぶったりしたら、ふつうは崩れちゃうよね」

  (゚、゚トソン

  ミセ*゚ ,゚)リ 「じゃあさ」

525 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:38:28 ID:DWgO/.sI0
 
 
 
 
 
 
 
 
  ミセ*゚ ,゚)リ「…………あの積み石って、いつだれがやったの?」
 
  






.

526 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:39:35 ID:DWgO/.sI0
 


 
 
 
  (゚、゚トソン
 
 
 
 私は、その質問にすぐには答えられませんでした。

 
.

527 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:40:51 ID:DWgO/.sI0

 ―――以上が、私が実際に経験したお話です。

 一応この通り、私は何かに憑かれたりとか、怪奇現象によく出会うということもなく、平穏に生きております。
 そう言った事態になれば、もう少しおどろおどろしいお話を出来たかもしれないので、少し惜しいですが……。
 嘘です。憑かれたくありません。勘弁してください。


 ―――と。余談なんですが、お話しさせていただきました『さいのいりえ』。
 例の震災の時に祠と狛犬が壊れてしまい、今は誰も立ち入っていないそうです。
 震災があってしばらくは、漂着物の捜索のために人が入ることも多かったのだそうですが、
 その作業に従事した人たちが、幾度となく不可思議な現象に見舞われたとかで。

 ですので、もろもろの作業が済んでからは、滅多に人が近づかなくなったそうです。
 狛犬も祠も壊れたまま、入口だけを厳重に封じられて。


 もし、皆さんがこれからの夏、海辺に遊びに行くことがあれば、どうぞお気を付けください。
 特に、「危険」であるとか警告された場所には、滅多に近づきませんよう。

 そこにある危険が、人の理解が及ぶものとは限りませんから…………。

528 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:42:31 ID:DWgO/.sI0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::―――以上です。ありがとうございました::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::::::::::::'´::::::::゙;::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::,::'::::::::,::'::::::::::::::::,':::::::ヽ::::::.!.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::i::::,:'::::::::::::ノ::::;ィ::、:ヽ:::゙:::::::i.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、|:::!:/::::/!:::/:::ヽlヽ、!:::|::ィil.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.い !|_l/::::::|/i!::::::リ:::::::!:::!:∥.:::::::::::::(息を吸う音)::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ从!゙:::_,,,_::::::::::::::_,,,_::i:/!::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人i!:代ヒソ`:::::::´込ソノ'うリ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.iヾ、::   '   :::, ' .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:... >: .. _゚_ ..,.<. ...:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:... .                . ..:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..         ,、           ..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..          (o)          ..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:...         i~ '!           . ..:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.. ..   .., -|.:::|‐ 、     ..... ..:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:...  `ー―-と ... ...:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::..::.:..:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


529 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2015/08/16(日) 18:43:46 ID:DWgO/.sI0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::フッ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::゚::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::゚::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


inserted by FC2 system